大きな花火(絵)をみんなで一緒に作ったよ!

放課後等デイサービス

こんにちは!アイビージュニアです♪
今回は放課後等デイサービスの時間に、共同製作で花火を作りました!みんなで一緒にひとつの物を共同で製作することは、お子さまたちにとって大変でもありながら学びが溢れています。

◆コミュニケーション能力の向上
みんなで共同製作をする上で必要なこと。それはコミュニケーション力です。アイディアが豊富なお子さまや、手先が器用なお子さま、色づかいが上手なお子さまなど、それぞれの得意な能力を発揮させることを第一に、指導員が把握していきます。それをもとにみんなでお子さま同士のコミュニケーションを補助しながら、お子さま同士が話し合ったりしながら作業を進めることで、コミュニケーション能力を向上させる手助けをしていきます。

◆ひとりでは得られない楽しさや喜びと達成感
製作する過程において、友達と一緒に作業を楽しんでいきますが、時にはお子さま同士の意見がかみ合わなかったり、対立したりすることもあるかもしれません。それでも作品が完成すると、ひとりで製作した時には味わえなかった感動や喜び、学びがあり、達成感も大きなものとなります。お子さまを見ているとそんな表情が明らかに見て取れます。

友達と協力して目標を達成する力を養う
「みんなでひとつの物を完成させる」という共同製作を行うこと。これは個人レベルではなく、仲間と協力し合って一緒に大きな目標を達成するというチームワーク力が求められます。どう仲間と協力し合えばいいのか、どうしたら一緒に目指している物が作れるのか、考え合わせ、そして協力していこうとする協調力が遊びながら自然と学んでいけるのです。

共同製作では、友達と楽しみながら得られる多くの学びがあります。
アイビージュニアでも、友達や指導員と楽しみながら製作を行うお子さまたち!

今回は大きな黒い画用紙に夏の風物詩「花火」を描きました!いろんな色を使って放物線を描いたり、弾け飛ぶ火花を点々で表現したりと、工夫しながら製作に取り組むお子さまたち。「次はオレンジにしようかな」「黄色のクレヨン貸して」など声を掛け合いながら、とてもきれいな花火が完成しました♪

楽しみながら「できる」を創っていくアイビージュニア。
今後もお子さまが、製作の楽しさ、作品が完成する喜びを感じられるような療育を行っていきます♪ぜひご家庭でも、お子さまと一緒にひとつの物を製作する共同製作を楽しんでみてください!