折り紙でオルガンを作ったよ♪

児童発達支援

こんにちは!アイビージュニアです♪
児童発達支援の時間では、個別活動で折り紙の活動も行っています。お子さまに大人気の『折り紙』について紹介します!

折り紙は折って楽しいのはもちろんですが、それだけではなく、知育効果もたくさんあります!
◆手先の運動をコントロールする力が養われます
折り紙は細かい作業が必要になります。さまざまな方向へ10本の指のどの指を使い、どのように折るのかなどを考えながら指先を動かします。端と端を合わせて折ったりと、細かい作業に取り組むことが、手先の運動になります。

◆想像力や色彩感覚を養う
折り紙は完成図までの道のりを考えるため、お子さまの想像力を養う効果もあります。また、さまざまな色の折り紙を使えば、色によって完成品の持つ印象が変わることを感覚的に覚えていくことができます。

◆集中力や空間認識能力を高める
折り紙の作業は手先を繊細に使うので、お子さまの集中力が高まりやすくなります。複雑な面も持ち合わせた遊びのため、高い集中力を持ち、複雑な仕組みの折り紙を作っていくことで「空間認識能力」を同時に育てていくことができます。
※「空間認識能力」とは、空間上で物体の位置や形状、方向、大きさなどの状態や位置関係を正確に認識する能力のことを表します。

知育効果がたくさんある、折り紙遊び!
今回は折り紙で「オルガン」を作りました♪手順を見ながら、折り紙の端と端を合わせて・・折り線をしっかりとつけて、完成!色鉛筆で鍵盤も書けば、音が聞こえてきそうな素敵なオルガンが出来上がり♪「とっても上手にできたね!」と声を掛けると、嬉しそうな笑顔でした!

楽しみながら「できる」を創っていくアイビージュニア。今後もお子さまが楽しみながら取り組めるような療育活動を行っていきます♪折り紙は場所をとらないので、ご家庭でも遊べます!ぜひ、お子さまと一緒に、折り紙でいろんなものを作ってみてください。