絵合わせカードをやってみよう♪

放課後等デイサービス

こんにちは!アイビージュニアです!
今回は放課後等デイサービスの個別活動の時間で【絵合わせカード】を行いました♪
絵合わせカードとは、絵が半分ずつになっている2枚のカードを合わせて、ひとつの絵を完成させる知育カードです。絵合わせカードは、お子さまの知育や発達の手助けになる遊びの一つです!

◆識別力が高まる
たくさんあるカードの中から、ぴったりと合うカードを探すことで、色や形の違いを少しずつ認識し、識別していく力を高めることができます。また、2枚のカードのどの部分がくっつくかを、カードを回転させながら見つけていくことも、識別力の向上につながります。

◆集中力を養う
カードを順番に見つけていく作業は、お子さまにとって集中力が必要となります。また「トマトはどれかな」など、お子さまに見つけてほしいものを伝え、お子さまが組み合わせていく。こういった遊び方でも、お子さまご自身が耳で聞いて、目で探す、という遊び方をすることで、さらに集中力を鍛えることができます。

◆人との関わり方を身につける
絵合わせカードは、「人」を意識する際にも、効力を発揮します。やりとりの多い遊びができる絵合わせカードは、「大人(人)と一緒に何か活動をする」ことで、「人との関わり方」を少しずつ身につけていくことにつながります。

絵合わせカードは様々なメリットがある知育玩具です♪今日は、アイビージュニアのお子さまも、絵合わせカードに挑戦!
ばらばらに置かれたカードの中から、くっつくカードを探して・・できた、完成!「ケーキはどれかな?」「これは何かな?」と指導員が声掛けをすると、指でさして教えてくれたり、「さかな!」と言葉で伝えてくれました♪

楽しみながら「できる」を創っていくアイビージュニア。
お子さまが人とのかかわりを楽しめるように、会話や言葉かけを大切にして療育をしています!絵合わせカードは、お子さまとのかかわりを楽しむことのできる遊びの一つです!ぜひ、ご家庭でも、お子さまと一緒にカードに絵を描いて半分に切り、オリジナルの絵合わせカードを作って遊んでみてください♪