鏡餅を作ったよ♪

放課後等デイサービス

あけましておめでとうございます!アイビージュニアです。本年も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

今回は放課後等デイサービスの時間に行った、鏡餅の製作の様子をご紹介いたします!

鏡餅ってなあに?
鏡餅は「その年の豊作を祈願し、新しい門出を祝う」という意味があります。お餅は昔から「晴れの食」とされていて、福の源とされる神聖な食べ物です。豊作や健康への願いが込められています。

鏡餅のお餅が丸いのはなんで?
鏡餅の丸い形は「心臓」の意味もあり、神社に祭られていた聖なる丸い鏡「神鏡」を形取り、稲作生活に欠かせない「太陽」の形を意味する、等々の諸説が伝えられています。

鏡餅はどこに飾るの?
鏡餅は床の間や神棚に飾ると良いとされています。お家の作りによっては床の間や神棚が無い場合もありますよね。そんな時は「なるべく玄関から遠い部屋に飾ると良い」という説もあるそうですが、これも地域によって諸説あるらしく、「玄関に飾るのが良い」とされる場合もあるようです。

アイビージュニアのお子さまたちも、鏡餅に込められた意味や由来を知ってから、鏡餅製作に挑戦です!
鏡餅の台紙に、花紙をちぎったり丸めてペタペタ貼ったり、みかんや御弊作りました。「何色のお餅にしようかな?」「みかん貼ろう!」と作り進めて…完成!オリジナルの鏡餅ができました♪

楽しみながら「できる」を創っていくアイビージュニア。
日本の伝統や、海外の文化にも興味が持てるような療育を提供しています!

おかげさまで【アイビージュニア初台】が1月に開所しました♪ご見学や体験は、お子さまと保護者さまのご都合、何よりもお子さまの特性をきちんとお伺いした対応を心がけており、個別での対応を承っております。ご利用をご検討中の方、お子さまの発達が気になる方、ぜひお問合せください!